水準器で水平を厳しくチェックしています
水平器を手すりに等に当て、水泡が中心に来るように、ジャッキで調整する。
その際、手すりのコマへの入りが左右、同じようになっている事を確認する。





離れは作業のしやすさを左右します
水平が取れている場面での箇所で、アルミサッシやタイル、基礎上等、基準にとなる所から、柱の芯までの長さをスケールで測っておき、要所毎に確認していく。
cab09eb0d4ac04da108bd4f8be4c9199
n-ne-11
n-ne-21